レジONEの売上分析でわかる事-vol.3【利益】

レジONEの売上分析でわかる事-vol.3【利益】



レジONEは「売上分析」がリアルタイムで簡単にできます。
今日は、利益です。

通常、レジでは販売した商品の個数や金額、売上などがわかる仕組みですが、
原価の登録をすることによって、リアルタイムな売上と共に、利益を自動算出する事ができます。



利益はその他の分析項との掛け合いで、導き出せる答えが多い項目ではありますが、
単体項目でも導き出せるのが、「利益業績予測」です。

通常よりも利益、利益率が悪いという事にも気づく事が出てくれば、
キャンペーン乱発、近隣の催事などによる、一時的な利益の低下なのか、商品単価、客数の問題なのかなど
原因の究明にも、いち早く対応する事が出来ます。

また、1日、1週間、1ヶ月、1年。
データが蓄積されると、さらに精度が上がります。

レジONEはこの集計を「リアルタイム」「自動」で表示できます。
データから得られる情報はかなり多くあります。

その他、便利な機能が備わったPOSレジ「レジONE」
今ならレジONE購入に補助金が使えます。是非お問合せください。

購入までの一連の流れが気になる方はこちら↓
レジONE導入までの流れ


詳細はこちらのページから
株式会社データファーム レジONE事業部
https://datafarm.jp/regione/

※原価の登録は別途費用が発生致します。
※補助金額、条件については規定があります。詳細はお問合せください。

関連タグ: 記事