Twitterのプロフィール欄でGoogleフォームの短縮urlがセキュリティでブロックされる問題を回避する。

課題

  • Googleフォームの短縮urlがTwitterのプロフィール欄で有効にならない
    • リンク自体は表示されるが、クリックするとセキュリテイ警告をうけ、その後のページも正しく表示されない

解決方法

  • googleフォームの紹介用ツイートを作成する
  • そのツイートに掲載したいフォームの短縮urlを記載
  • 作成した記事を投稿
  • 投稿した記事を表示し、記事のurlを取得
  • そのurlをプロフィール欄に記載する

実例

https://twitter.com/datafarm/status/1488332948780716034

ポイント

  • プロフィール欄にGoogleフォームの本来のurl(短縮されていないもの)は掲載できる
    • 掲載できるのだが、urlで多くの文字量を消費してしまうため、好ましくない
  • Twitterの投稿自体はプロフィール欄に掲載できる
  • そのため、説明を施したツイートに誘導し、そこからgoogleフォームに飛んでもらうように工夫した


ご相談・お問い合わせはこちら

ウェブについてのご相談、ご依頼など。お気軽にお問い合わせください。
頂いた内容については、3営業日以内の返信を心がけております。

古くなってしまったサイトをスマートフォンでもみやすい形にリニューアル。
自社スタッフで更新できるサイト仕組みづくりなど。
守秘義務の関係でご紹介できていませんが、薬剤師会、労働組合専用サイトや会員専用サイトも数多く手掛けております。

お困りごとに対して、事例やアイディアを持って返信を心がけております。
小さなことから、お気になさらずお気軽にご相談ください。

    必須

    記事について

    サイト作成・リニューアル

    保守・運用関連

    組合・会員専用サイト

    その他

    ご相談・お問い合わせ種別を入力してください。

  • 必須

    ご相談・お問い合わせ内容を入力してください。

  • 必須

    お名前を入力してください。

  • 必須

    ふりがなを入力してください。

  • 必須

    メールアドレスを入力してください。

    正しいメールアドレスを入力してください。




Web関連