ウェブサイトを営業データベースとして利用し、カスタマイズされた営業案内の予約ツイートを実現する(2020年3月の問題解決-2)


はじめに

毎日営業時間の案内を、Twitterで告知するようにしています。
ツイート予約であればTweetDeckで可能ですが、今後サイトにも同じ情報を掲載することを考た時に。
ウェブサイトにデータを蓄積し、入力を簡単にしつつ、予約投稿できるようにしました。

どのようなカスタマイズをしたのか

a-blog cms、IFTTT、Twitterを経由して、独自のカスタム投稿を実現しています。
動画で見ていただくと、その連動がわかりやすいかと思いますので、ご覧ください。(約9分)



抱えていた問題

  • 翌週分の予約投稿を毎週末に用意していたが、日付の修正を忘れたり、投稿予約時間を間違えたりしていた。
  • 今後サイトにも毎日の営業案内を反映させるプランがあったが、今の運用体制ではそれができなかった。

解決して変わったこと

  • 日付・時間の選択が以前より簡単になり、ミスが減った
  • 「営業」「休日」の選択をすれば最低限のツイートができるようになり、お手軽になった
  • ツイートする文言の定型文の登録、イレギュラ時の自由投稿など、柔軟にツイートの内容を変更できる仕組みになった。
  • サイトに毎日の営業情報が蓄積されるため、今後サイトに営業情報を展開するための基盤ができた

今後の取り組み予定

  • サイトへの営業案内の掲載

関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

ブログをカスタマイズして、独自のツイート内容をハッシュタグをつけて送信する(2020年3月の問題解決)

IFTTTからのTwitter投稿に改行を含めたい場合は、その部分をpreタグで囲んで改行する

a-blog cmsを1.7から最新版(2020年6月25日時点:最新 Ver.2.11.14)にアップデートする手順

Transmitでダウンロードした日本語名ファイルが文字化けしてしている→表示からエンコーディングを調整して再度ダウンロード

a-blog cmsのユーザインポート、エラーの「code=」は、ユーザの「user_code」のことではない

a-blog cmsのシークレットブログでは、ユーザ一覧は、テンプレートに出力することができない