FileMakerで気の利いた「ちょっとお待ちください」を実装する

まずは動画をご覧ください。

なぜ実装したのか

「内容をコピー」の動作なのですが、以下のような内容になります。 

  • 別ウィンドウにコピー用のウェブビューアを立ち上げ
  • 1秒まつ(念のため)
  • MBSプラグインでウェブビューアの内容をクリップボードにコピー
  • 1秒待つ(念のため)
  • 開いたウインドウを閉じる

作業が完了するまでに時間がかかります。
クリップボードにコピーをする関係上、正しい動作に近づけるには 

「途中で別のアプリに移行して欲しくない」

のです。
そのためにしっかりと一度待っていただけるように。
ちょっとした待受表示を実装しました。 

ダイアログウインドウではダメなのか

このような仕様を思いつく時に最初に思いつくのは、ダイアログウインドウです。しかし、ダイアログウインドウは 

  • 一定時間で閉じる

ということができません
それ以外にダイアログ的な表示方法がないため、自作で実装する、という選択肢となります。

カスタムダイアログの実装方法

今回は 

  • カードウインドウ
  • スライドコントロール

を併用しました。

待受用のレイアウトを作る

適当な大きさで待受用のレイアウトを作成します。そこにスライドコントロールを設置。
ドットなど不要な表示は外しておきましょう。 

  • 作業中
  • 作業完了をお知らせ

の2枚のパネルを作り、それぞれのパネルに名前をつけておきます。
こうすることでスクリプトから操作できます。 

スクリプトでダイアログを表示する

表はシンプルで作ったレイアウトを 

  • カードウインドウで表示

するだけです。終了したら閉じるのですが、大事なのは 

  • 閉じる前に数秒、スクリプトを停止する

こと。 

作業中は作業時間分ダイアログが表示されていますが、終了は一瞬です。
終了のダイアログが一瞬で閉じてしまっては何も見えません。 

  • きちんと一度止めて、終了を目視できるようにする

ことでダイアログとして成立させることができます。 

ダイアログをつくってみて

操作までユーザがきちんと待てるようになりました。
そうでなくても、コピーのような作業は 

  • いつ終わったのかな?

と大変終わりがわかりにくい作業です。
こうした時にはカスタムダイアログで作業完了を通知することは、 

  • 使う側にも安心感を与え
  • かつミスを少なくする

効果があるかと思います。


お困りごとをお聞かせください。

FileMakerについてのご相談、ご依頼など。お気軽にお問い合わせください。
頂いた内容については、3営業日以内の返信を心がけております。

既に稼働中のFileMakerの修正も、頻繁にご依頼頂いております。
小さなことから、お気になさらずお気軽にご相談ください。

  • 必須

    詳細を入力してください。

  • 必須

    お名前を入力してください。

  • 必須

    メールアドレスを入力してください。

    正しいメールアドレスを入力してください。




FileMaker