今年一番やったのはa-blog cms1系の追い出し作業

ちょっとラフな感じで文章を。
今年a-blog cms関連で一番やったことは、新規里の構築よりも「1系のa-blog cmsを、どうやって2系に移行して、古いサーバから転出するか」でした。a-blog cmsの前身のa-blogで作っていたサイトもあったのですが、こちらについては、studioやjimdoに必要なものだけを新規移設して対応しました(2サイト)

1系のa-blog cmsを移転するには

手前味噌になりますが、こちらの記事が大変参考になるかと思います。
実際に自分で書いた記事を参考に、何度も移行作業をしました。
1系にファイルを上書きして2系にするよりも、2系をクリーンインストールしてそこに古いデータを戻して行った方が、最終的に怪我は少ないと思います。

a-blog cmsを1.7から最新版(2020年6月25日時点:最新 Ver.2.11.14)にアップデートする手順
https://datafarm.jp/blog/entry-334.html

細かいTips

上記以外の細かいTipsがあるので、簡単ですが記します。

  • a-blog cmsのバージョンが1.3などの場合、バックアップ機能がないのでSQLはphpmyadminなどからエクスポートする形で取得する。SQL内のテーブル接頭語を、実際のa-blog cmsでも利用する
  • 古いSQLをエクスポートする前にログファイル(acms_log_access)のテーブルは空にしておく。こちらはレコードが大量にあるため、エクスポートやインポートのエラー原因になる時がある
  • 古いa-blog cmsの場合、カスタムフィールドを実現するために、エントリーのedit.html自体が利用テーマにコピーされている場合がある。それが原因でエントリー編集画面などが壊れてしまうケースがある
  • action.htmlについても同様。acms-admin.cssがうまく適用されない場合は、テーマ内に古いファイルが居座っているのが原因の場合も

1.3などの本当に古いa-blog cmsでは、最近の作法から外れたカスタマイズを行なっているため、思わぬエラーに遭遇するので注意が必要になります。
とはいえ、こういった古いファイルを移行するとおもうのですが、細かなルールや命名規則が整備され、最新のa-blog cmsはカスタマイズがだいぶしやすくなったと思います。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。