FileMakerで作成した見積書システムで、備考に気づき易くする


問題

  • 見積もりの備考欄に気づかないことが多い
  • お見積もり合計を見て納得してしまい、備考欄を見ない。
  • 紙と違ってPDFは、スクロールしないと下の部分が見られないため、見逃しが多くなっている

解決方法

  • 備考欄に記載がある場合、お見積もり合計のすぐ下に「↓末尾に備考があります。ご確認ください。」という表示を記載。
  • 備考欄に入力がある時のみ表示される
  • FileMakerのオブジェクトを隠すの機能を利用し「備考欄が空欄の時」に、注意表示を隠すようにしている

設定画面



追記

  • 備考欄を上に持ってくるレイアウトを利用することも選択肢の一つ。
  • ただし見せたいものの上位が備考欄ではないため、そのあたりの優先順位に配慮したレイアウトを作成する必要がある。

関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

FileMakerの変数を空にする

Claris ConnectでFileMaker側のレコードが更新されない→レコードを確定する

FileMakerでフィールドの書式が太字かどうかを確認する

a-blog cmsのシークレットブログでは、ユーザ一覧は、テンプレートに出力することができない

Claris Connect、Dates Utilityを触る

Claris Connect、最初のトリガーに設定できるユーティリティやAPPは、限られている