Claris Connect、FTP Utilityを触る

FTP Utilityは、FTPからすでにあるファイルを更新・削除したり、公開領域にあるファイルのアップロードを実現します




Upload a new file(新しいファイルをアップロード)



  • FTPを経由して、ファイルを指定の場所にアップロード
  • アップロードするファイルは、http(s)から参照可能な場所(インターネット上)にある必要がある

Add data(データを追加)




  • 指定したファイルに、追記をする
  • こちらの環境では、ファイルのパーミッションなどを変更してやってみたが、どうやってもうまくいかず、機能の実現が出来なかった

Download file(ダウンロードファイル)




  • FTPを使ってファイルをダウンロードする
  • こちらもどうやってもうまく動かず。
  • うまく動いたとして、指定したファイルをどこにダウンロードしてくるのかが疑問。機能の意味合いはわかるのだが、実行についてちょっと謎が残る。

List files and folder(ファイルとフォルダを一覧表示する)




  • 指定したフォルダにあるファイル・フォルダ一覧を取得する
  • 値はJSONで返される

Create folder(フォルダーを作る)




  • 指定したパスにフォルダを作成する
  • パスに指定したフォルダがない場合、不在フォルダを作成することもできる

Delete folder(フォルダを削除)




  • 指定したフォルダを削除する
  • 指定したパスに「空フォルダ」が含まれていた場合、その削除について可否を指定できる
  • test actionでもフォルダが削除されてしまうので、注意が必要

Delete a file(ファイルを削除する)




  • 指定したファイルを削除する
  • 指定したパスに「空フォルダ」が含まれていた場合、その削除について可否を指定できる
  • test actionでもファイルが削除されてしまうので、注意が必要

Rename a file or folder(ファイルまたはフォルダーの名前を変更する)




  • 指定したファイルを、別に指定したファイルパスにリネームして移動する
  • test actionでもファイルが削除されてしまうので、注意が必要


  • 移動先のパスに、存在しないファイル名を指定するとエラーになる
  • 自動的に不在フォルダを作成するような機能はなし

感想

FTPアップロードについて

  • ファイルのアップロードは便利だが、公開されているファイルしか参照できないため、そこにファイルを移動するまでをどうするか、というのがセキュリティも含めて問題
  • FileMakerはcurl経由でFTP可能なため、単純な作業であればそちらでした方が良いし、ローカルファイルのアップロードはClaris Connectでは不可能

実現できなかった機能について

  • 追記機能は、htmlに対して追記することはあまりないが、CSVなどのデータを追記するケースはあるのではないか。
  • ダウンロードファイルについては、ダウンロード先が謎のまま。解決したい

test actionで削除などが実現できてしまう点について

  • 削除に限らずtest actionを実効すると、FTPの各アクションができてしまう様子
  • ファイルの復元がClaris Connect単体でできない以上、これらのアクションはステータス(成功・失敗)を返すだけにして、実際のファイル操作はしない方が良いのではないか、と個人的には強く思う。

関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

Claris ConnectでFileMaker側のレコードが更新されない→レコードを確定する

ClarisIDの二段階認証でSMSが来ない場合→サポートにまずは相談。

Claris Connect、Documents Utilityを触る(2)

Claris Connect、Documents Utilityを触る(1)

Claris Connect、Dates Utilityを触る

Claris Connect、最初のトリガーに設定できるユーティリティやAPPは、限られている