Claris Connect、Documents Utilityを触る(2)

Dates Utilityの機能は大きく2種類

  • 画像やドキュメントファイルからのテキスト抽出
  • データ形式のコンバートの2つの役割

今回は画像やデータ形式のコンバートについて



Convert JSON to XML(JSONをXMLに変換)




  • JSONをXMLに変換
  • ルートの親要素の追加が可能

Convert JSON to CSV(JSONをCSVに変換)




  • JSONからCSVを作成
  • タイトル行の有無や、区切り記号のカスタマイズが可能
  • JSONの入れ子についても{}で表現がされていた(エクセルなどに展開するのはそのままでは難しいと思うが、展開のための要素にはなるかと思う)

Convert XML to JSON(XMLをJSONに変換する)




  • XMLからJSONを作成

Converts CSV to JSON(CSVをJSONに変換します)




  • CSVをJSONに変換
  • 一行目をデータに含むかの選択が可能

感想

  • CSV、XML、JSONの3つの取り回しが自由に行える、という印象
  • データ共有側で形式を意識しなくても中間的なサービスでデータ形式の変換ができるのは融通が効くなと思います。

関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

Claris ConnectでFileMaker側のレコードが更新されない→レコードを確定する

ClarisIDの二段階認証でSMSが来ない場合→サポートにまずは相談。

Claris Connect、FTP Utilityを触る

Claris Connect、Documents Utilityを触る(1)

Claris Connect、Dates Utilityを触る

Claris Connect、最初のトリガーに設定できるユーティリティやAPPは、限られている