Claris Connect、Dates Utilityを触る

Dates Utilityは、日付の変更や、期間の算出、フォーマットの変更を行う




Add date(日付を追加)



  • 日付・時間の追加を自由に行うことができます。
  • 週を追加するというのは、FileMakerにはなかった計算方法ではないかと思います。

Subtract date(減算)



  • 基準日から日付や時間を引きます。
  • 設定位項目はAdd dateと同じ。

Days between dates(既刊の算出)




  • タイムスタンプ形式で日付と時刻を設定し、その間の期間を算出します。
  • ちょっとわかりにくいのが「最初の日時」ー「最後の日時」というところ。期間の指定と逆の感じです。

Get current date(現在の日付を取得)



  • 現在の時刻を返します。
  • タイムゾーンの設定をすることで、いろんな場所の現在時刻を取得可能です。

Format date(日付の形式を変更)



  • 設定した日付の形式を、指定したフォーマットとして返します。
  • カスタムの日付設定の指定はできません(YY-…とユーザがカスタム値で書くことはできない)
  • ここで設定した情報は、テキスト扱いになるのかが、少し気になります。

Add date、Subtract dateの数値にはマイナスの数値も設定可能

  • これにより、どちらでも加算減算は可能になります。

触ってみた感想

  • 日付や時刻の変更や調整は、業務管理で割とよく使う項目です。
  • このあたりをこのようなサービスで細かく指定できるのは、便利なのではないかなと思いました。

関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

Claris Connect、最初のトリガーに設定できるユーティリティやAPPは、限られている

Claris Connect、Cryptography Utilityを触る

Claris ConnectでオンプレミスのFileMaker Serverに接続できるか検証する

ClarisIDの二段階認証でSMSが来ない場合→サポートにまずは相談。

Claris Connect、FTP Utilityを触る

a-blog cmsのシークレットブログでは、ユーザ一覧は、テンプレートに出力することができない

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ