Claris Connect、承認フローやIFなどを少し

approvalを調査



  • approval=承認

approvalで設定できる内容




添付ファイルを指定できる。
それ以外は標準的な内容だが、前段階にあるサービスや鳥がの引数をいろいろ利用できるのが嬉しいところ

実際に送信をしてみると



  • connect@claris.comより承認メールが届く。内容は全て英語。
  • note(備考)を記載するさんがあり、この先のフローで備考も引き当てることができる

回答結果画面



  • こちらも英語のみ

最初のステップは移動、削除ができない



  • 最初のステップは移動や削除ができない様子。
  • 編集もできない様子なので、ここを変更したい場合や、それ以降のフローを再利用したい場合はどうしたらいいのだろうか。

approvalのテストは実際に送信してみる以外に手段がない



approvalの内容をIFなどで利用しようとした際に、最初承認データがないので、引数が選べない。
「Review and Test」のボタンがこのステップにはなく、でも「テストをしてね」と言われるので悩んだが、いわゆるダミー送信をすることで引数を選択することができた。

IFステップの様子



  • 一般的なそれでわかりやすい。
  • まずはさわってみたので、ネストやリピートなどとの組み合わせはテストせず。

本日の感想

  • 承認メール、結果画面ともに日本語がないのが辛い。テンプレートの指定ができると嬉しい。
  • 承認メールが簡単に実装できるのは面白く、FileMakerとの連動でいろいろ試せることがあるな、と感じた。
  • Review and Testがあったりなかったりするのが、ちょっとわかりづらい

関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

Claris ConnectでFileMaker側のレコードが更新されない→レコードを確定する

ClarisIDの二段階認証でSMSが来ない場合→サポートにまずは相談。

Claris Connect、FTP Utilityを触る

Claris Connect、Documents Utilityを触る(2)

Claris Connect、Documents Utilityを触る(1)

Claris Connect、Dates Utilityを触る