Claris FileMaker Server 19の準備を進めてみて

導入手順(案)

  1. Claris FileMaker Server 19用のサーバを別途用意
  2. サーバソフトをインストール
  3. データベースファイルを、インストール
  4. 運用開始

ぶつかった課題など

  • インストールまでは問題なし
  • データベースのアップロードをクライアントから行おうとしたが「接続できません」のエラー
  • サーバに直接デーエベースファイルを移動したが、パーミンションの問題でデータベースを開けず
    →ターミナルからファイル・フォルダの権限を変更して問題解決
    →フォルダについては、フォルダ内全部のパーミッションを変更
  • 外部保存していたオブジェクトファイルが閲覧できるようになったが、動画だけが再生できない(ダウンロードはできる)
  • 古いデータベースは、パスワードなしで運用していたものがあったため、ID、PASSを新規設定

未解決の問題

  • データベースのアップロードをクライアントから行おうとしたが「接続できません」のエラー

ここまでの感想

  • 外部にオブジェクトを保存している場合は、FileMakerクライアントからのデーてベース登録は手間がかかりそう(外部補損したオブジェクトの扱いがどうなるのだろう)ので、実際にファイルを移動して、適宜修正して公開、の手順しかないのではないかと思う。
  • Claris Connectへの接続を考えた場合に、IPで運用していてもできるのかどうかが、気になるところ。そのあたりの検証用でもあるので、引き続きすすめていく

今後の予定

  • 古いサーバで運用しているFileMaker書類に対して、再度ID、PASSなどの手順を行い、再度データベースを移行予定
  • 最終的に古いFileMaker Serverを外して、そのIPアドレスで新しいClaris FileMaker Server 19を運用予定

関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

FileMakerの変数を空にする

Claris ConnectでFileMaker側のレコードが更新されない→レコードを確定する

FileMakerで作成した見積書システムで、備考に気づき易くする

FileMakerでフィールドの書式が太字かどうかを確認する

a-blog cmsのシークレットブログでは、ユーザ一覧は、テンプレートに出力することができない

Claris Connect、Dates Utilityを触る