Claris Connect覚え始め

Claris社より「Claris Connect」が発表されています。
今まで使えていなかったのですが、コツコツつかってみていきます。
「IFTTTの多機能版+FileMakerが参加できる」というのが、おおざっぱな説明です。

プロジェクト名に日本語は利用できない



全て英語で記入する必要があります。
ローマ字で書いたほうが日本人には楽かもしれませんね。
(なぜかフロー名は日本語OK)

「プロジェクト=フォルダ」、「フロウ=ファイル」



プロジェクトというフォルダの中に、フローというファイルをたくさん作れる、とうイメージ。
フォルダと違うのは、プロジェクトの中に子プロジェクトを作れないこと(実用面で意味がない)

フロウの実行をスケジュールできる



よくある必要最低限の機能です。
cronの書式でかけます。リンク先で入力ガイド(英語)があるので、それを利用すると楽。

トリガは「もし」「繰り返し」「ストップ」「エラー時」



IFTTTの一方通行感よりは充実していますが、有料なので当然といえば当然です。
これからいろいろ使っていきます。

エラー時があるのは嬉しいですね。

練習で作ってみたフロー



1)毎日9時半に
2)チャットワークの自分の情報を取得して
3)名前を、Outlookからメールに送る

というフローを作ってみました。問題なく動いています。
練習なので、生産性はなし。毎日自分に、自分の名前が届いてます。

Review and Testでの、想定外のメール送信結果



Review and Testをクリックすると、実際に可動に問題がないか、結果が表示されます。
それと同時に今回の場合はメールが送信されたのですが、チャットワークから取得するはずの名前が空欄でメールがとどきました。

多分ですが、

1)テストはメールのみに実行されるため、事前のチャットワークのアクションが未実行により、情報を持ってくることができなかった
2)テストだから表示されない

のどちらかが原因かと思いますが、1)でほぼ間違い無いと思ってます。

ここまでのまとめ

久しぶりに英語のドキュメントを1行1行読みながらコツコツやってみています。
忘れてた楽しさが蘇ってきたのが自分でも意外で嬉しかったです。
(もっと億劫に感じるかと思っていました。)

まだまだ荒削りで、わかりにくいところがったり、なにより日本語がないのが辛いですね。
でもこの手のサービスは永遠にローカライズされずに、使う側が慣れるしかないのかもしれません。
そうなると日本人には敷居が高いですね。

あと、FileMakerと連動させてナンボの商品ですね。
そのための環境告知も別途進めていきます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

Claris Connect、FTP Utilityを触る

Claris Connect、Documents Utilityを触る(2)

Claris Connect、Documents Utilityを触る(1)

Claris Connect、Dates Utilityを触る

Claris Connect、最初のトリガーに設定できるユーティリティやAPPは、限られている

Claris Connect、Cryptography Utilityを触る

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ