信用金庫さんから、コロナ関連の融資についてのお話を聞きました(2020年4月13日)

お話を聞いたこと

  • セーフティネット融資など、融資は保証協会の判断による。
  • 経営状況によっては、希望額を融資できるとは限らない。
  • 融資を希望であれば、まずは申し込みをしていただくのがベスト。
  • コロナ関連については、それらの被害をがあることを利子を肩代わりしてくれる市町村の役場などで認定をいただく必要があり、郵送で書類などを送る部分では時間がかかる。
  • できるだけ迅速に執り行う。

その他

  • 経営改善、支出(コスト)の引き下げなどはしていただく必要が(経営として)あると思う。
  • 借入についてはリーマンの時にも行ったが、残債分を1年ごとの契約に切り替えつつ、据置措置(利子のみを支払う)ということも検討できる

聞いた私の感想

  • お金をあげるのではなく、貸し付けるのだから、なんでもかんでもというわけにいかない、というのは当然。
  • 保証協会を通す場合、信用金庫は代理店的な役割になるので、審査を申し込まないと自分たちでもわからない、という感じ。
  • 据置処置については話を進めていく中で出てきたのだが、このあたりをもっとクライアントに対して、説明しても良いのでは?と思った(それ自体が大変であるとは思うけれど)
  • コロナショックにおける、経営者と行員さんの「ショックの差・捉え方の違い」はやはりある。経営者でないので仕方がない部分。

まとめ

  • 現金を一時的に調達する(融資)
  • 支出を小さくする(据え置き処置)…借り入れがあれば

の2つの対策を、信用金庫をはじめ銀行さんには相談できるかと思います。

一つ重要なことは

「こちらが黙っていたら、相手は教えてくれない」

ということです。
相手からの提案を期待していると、いろいろ時間が間に合わなくなるので、どんどん聞いていきましょう。
そのかわり、聞けば丁寧に教えてくれます。
エネルギーは使いますが…。やろうと思ったらやりましょう。ふんばりどころです。

保証協会を通す場合は、行員さんがその場で「こうです」と断定できることも、ほぼありません。

非常時に対応している経営者と工員さんとの立場の差、緊急度への温度差にイライラすることもあるかもしれません。
いろんな銀行さんに話を聞いたり、落ち着いて相手の話を聞いて。

自分が使える手札を確認するのは、大事なことだと思います。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

セーフティーネット貸付の申し込み方法について、簡単な説明動画を作成しました(2020年4月8日現在)

お客様に2020年4月3日時点での助成金・融資についてのご案内+アフターコロナまでの当社の捉え方についてご案内いたします。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ