お客様に2020年4月3日時点での助成金・融資についてのご案内+アフターコロナまでの当社の捉え方についてご案内いたします。

現在発表されている助成金・融資についてそれぞれ5分前後で動画をまとめております。
理解や情報のご参考になさってください。
当社の方で間違った理解があった場合には、申し訳ございませんがその箇所を「お問い合わせ」よりお知らせください。

臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援のための新たな助成金について



補助金でも同様ですが、申請した順番で助成金がおります。
早めの申請をすることで入金も早めることができます。

参考リンク

雇用調整助成金について



休業手当の一部を補償することで、従業員の雇用を継続してもらうことが狙い。
給料の9割は補償されない。休業手当=給与の60%に対する助成金(最大90%)
従業員一人あたり8330円までという上限がある。
詳細についてはこれから(2020年4月3日時点)。

参考リンク

セーフティネット保証融資、セーフティネット貸付について



セーフティネット保証は4号、5号があり、問い合わせ先は金融機関
セーフティネット貸付は、問い合わせ先は日本政策金融公庫(商工会議所が窓口)
マル経が通っていると審査が早い(基本的な審査がおわっているので)可能性あり(税理士さん情報による)
それぞれ現在の借入とは別枠の借入となる

参考リンク

保険の契約者貸付について


≫新型コロナウイルス感染症に関する各種取扱いについて【218KB】より抜粋


積立型の保険や、加入年数の増加で返戻金が上がっていくタイプの保険(生命保険も含む)の場合、保険会社の決めた金利にて保険会社に借り入れをおこせる機能がある(契約者貸付制度)。

参考リンク

当社におけるアフターコロナまでの捉え方について



支出を減らし、現金を増やす。
アフターコロナの時代に再びビジネスができるように。
アフターコロナの時代には、今の商品が売れるとは限らず、その時にならないと大きな変化の内容がわからない。
そのための準備や考察をするためにも生き延びる。
新しい商品は、技術も全く新しいとは限らない。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

信用金庫さんから、コロナ関連の融資についてのお話を聞きました(2020年4月13日)

中小企業、個人事業主向け持続化給付金の情報が掲載されました(2020年4月8日)

セーフティーネット貸付の申し込み方法について、簡単な説明動画を作成しました(2020年4月8日現在)

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ